壱岐サイクルの歩み Walking

壱岐サイクルの歩み

壱岐サイクルの歩み
   
1989
○島おこし事業として、第1回大会がスタート4町合同で島民挙げて取り込む。
 
○1,400名のボランティアが活動を始めた。
 
○全仏のアマチュアチャンピオン、
国内のロードプロの三浦恭資選手参加
 
 
1994
○日本プロサイクリスト協会で初の強化合宿を実施。
 
 
○コースの評価が高まる。
1995
○橋本聖子選手特別参加。
 
 
1998
○柴田健太郎選手参加
 
 
1999
○植松仁選手、長野オリンピック銅メダリスト・
シュートトラックのスケートからの転向。
 
 
2000
○「地域づくり団体」自治大臣表彰を受賞。
 
 
2001
○ジュニアクラスを新設。新世紀にスタート
 
 
2002
○国民体育大会自転車競技
長崎県代表選手選考に採用
 
 
2003
○南部博子選手(シドニーオリンピック出場)参加。
 
 
2004
○壱岐市誕生記念大会(4町合併)
 
 
2006

○三浦恭資選手、林次郎選手、日隈優輔選手、唐見実世子選手参加。

 

 

 

第1回から第27回大会までに参加した選手

 
14398名
壱岐サイクルフェスティバル
TEAM KEEP LEFT